文字サイズ

世界で初めて全身麻酔手術に成功したのは、日本人医師だった。 華岡青洲

華岡青洲

一七八五年(天明五年)、華岡青洲(はなおかせいしゅう)は、京都での医術修行を終え、故郷である紀伊の国に戻ってきた。青洲は漢方の一種である古方を学ぶ一方、オランダ流外科を修めるなど、最先端の医術を身に付けた。しかし、それは医術の限界を痛感することにもなった。たとえば乳がんは、切れば患者の命が危ういとされ、当時は外科治療の対象ではなかった。

乳がん切除のような大手術は、全身麻酔をしなければ患者は耐えられない。青洲は麻酔の研究を始めた。先人の用いた麻酔薬の処方を改良し、延べ十数人のボランティアの協力を得て有効性と安全性を確かめた。母親と妻が投与試験に参加したとも伝えられている。

そして、ついに一八〇四年(文化元年)十月、青洲は六十歳の患者に対する乳がんの手術に挑んだ。患者に脚気(かっけ)と喘息(ぜんそく)があったため、四〇日以上もかけてそれらの治療を行うなど、青洲は慎重に手術前の準備を進めた。チョウセンアサガオを主成分とした「麻沸散(まふつさん)」による麻酔はよく効き、乳房から癌だけを摘出する手術は見事に成功した。

その後、青洲のもとには麻酔や手術の方法を学ぶために、多くの若い医師たちが集まってきた。青洲は意欲ある医師を見定め、不断の努力を惜しまぬ「医の心」とともに麻酔法を伝授した。それは、日本の外科手術の発展につながった。

欧米で初めて全身麻酔が行われたのは、青洲の手術の成功から約四〇年を経てからのことであった。

(監修 / 松木明知 先生 弘前大学医学部 名誉教授)

麻酔の完成が医療の進歩に不可欠だと考えた華岡青洲

修行中にヨーロッパでの乳がん手術を知る

華岡青洲

華岡青洲
(はなおかせいしゅう, 1760-1835)
和歌山県立博物館蔵

世界で初めて全身麻酔による手術を成功させたのは、なんと日本人医師の華岡青洲だった。では、なぜ青洲は麻酔薬を作ることを思い立ったのだろう。

青洲は若いころ、京都で医学修行をしていたとき、東洋医学の一種である古法派の医師・永富独嘯庵(ながとみどくしょうあん)の書物に「欧州では乳がんを手術で治療するが、日本ではまだ行われておらず、後続の医師に期待する」と書かれているのを知った。乳がんを根治するほど大きく切るのは、患者が受ける耐えがたい痛みを解決しなければ不可能だ。そこで麻酔法の完成こそ、がんの医療を進歩させる最重要の課題と考えたのだ。

ヨーロッパでも未完成だった乳がん手術

ハルステッドの乳房一括切除術

ハルステッドの乳房一括切除術*1
大胸筋や腋窩(えきか)のリンパ節
まで含め、大きく切除する。

当時、ヨーロッパで乳がんの手術が試みられていたのは事実だが、治療成績はかんばしくなかった。19世紀後半を代表するドイツの外科医・ビルロートでさえ、手術後の再発率は80%を超え、3年生存率は4~7%程度だったとされている。*1

全身麻酔法や、無菌的手術法が開発された後、19世紀末に乳がん一括切除術を考案したアメリカのハルステッドは、再発率を6%にまで抑え、今日の乳がん根治術に至る術式を確立した。*1

(*1 Halsted WS:The results of operations for the cure of the breast performed at the Johns Hopkins Hospital from June, 1889, to January, 1894. Ann Surg, 20: 497-555, 1894より)

宋代の中国で用いられたチョウセンアサガオなどを処方

チョウセンアサガオ

チョウセンアサガオ
学名:Datura alba Nees
夏から秋に、アサガオやユリに似たラッパ型の白い花を咲かせるナス科の一年草。薬用には曼陀羅崋(マンダラゲ)と呼ばれる。

青洲は数多くの書物を読破し、古く宋の時代から中国で鎮痛剤として用いられたマンダラゲ(チョウセンアサガオ)と烏頭(ウズ=トリカブト)に最も可能性があることを知り、その2種を中心に処方を研究した。

また薬剤の効果を検討するのに動物実験をしたとも伝えられているが、そこははっきりしない。近年の研究によると、動物ではマウス、ラット、ウサギ、イヌなどに投与したとき、種差によって効果が大きく異なり、ヒトへの投与量等の検討に動物実験が役立ったかは疑問とされる*2。したがって、ボランティアによるヒトへの投与試験は非常に重要だったと考えられる。青洲の母と妻も投与試験に参加したという話があるが、それを裏付ける資料は見当たらない。

(*2 松木明知:医史学研究の先取権を巡って-「華岡青洲の麻沸散」の実験的追試,科学医学資料研究335, 29-127, 2002)

麻沸散による全身麻酔が実現した乳がん手術

乳がん手術に臨む慎重な姿勢

麻沸散の完成まで、青洲は十数年を要したと考えられる。そしてなお、その臨床応用に対しても、青洲は慎重だった。麻沸散完成後に青洲の治療所「春林軒」を訪れた乳がん患者のうち、最初の3人は、怖がって手術を受けなかった。そして4人目の藍屋かんが、最初の手術例に選ばれた。かんは左の乳がんであったが、脚気(かっけ)も患っており、その治療に20日ほど要した。すると今度はぜんそく気味になり、その治療にも約20日間かかった。

優秀だった乳がんの治療成績

1804年(文化元年)10月13日、かんへの手術が行われた。手術は成功した。だが、かんは手術から4か月半後に死亡している。死因は、乳がんの再発と推定されている。

しかし、青洲が春林軒で手術した乳がん患者143名のうち、術後生存期間が判明するものだけを集計すると、最短で8日、最長は41年で、平均すれば約3年7か月となる*3。これは、200年以上も前であること、外見から明らかにわかるほど進行した乳がんが主体だと推定されることを考えれば、立派な治療成績といえる。

(*3 松木明知:麻酔科学の源流 , 130, 2006)

麻酔事故を防ぐため、麻沸散の処方を秘密に

口外しないことを弟子に約束させる

麻沸散が完成し、臨床応用も順調に進む中で、青洲には心配なことがあった。それは麻沸散の処方がみだりに口外されることであった。そこで青洲は、麻酔薬の処法を伝授した弟子が国もとへ帰るときは、他の誰にも処方の秘密を明かさないよう約束させた。このため、青洲は偏狭な秘密主義者といわれることもあるのだが、それは誤解である。その理由は、まず当時は医術の奥義を秘密にさせることが一般的に行われていたこと。そしてもう一つの大きな理由は、麻酔事故を防ぐという目的があったことだ。

麻沸散を湯で抽出した麻沸湯を飲ませると、患者は意識を失う。しかしこれは通常の睡眠時と異なり、舌がのどの奥の方に落ち込む舌根沈下により、呼吸の抑制が起こりやすくなる。これに対処する適切な管理法を身に付けなければ、患者は窒息を起こし、命を落とすことにもなりかねない。したがって、麻沸散の処方が独り歩きすれば、医療ミスが続発することになるのだ。

古代中国の「幻の麻酔薬」から名前をとった「麻沸散」

「麻沸散(別名:通仙散)」という処方名は、中国の三国時代、全身麻酔下で手術を行ったとされる名医、華佗(かだ)が用いた幻の麻酔薬・麻沸散にちなんだものである。

華佗は麻沸散を用いて開腹手術をしたと伝えられているが、その実態はよく分からない。華佗の医術は西域の医術の影響を受けたのではないかともいわれている。なお華佗の麻沸散は処方が全く不明なので、青洲の麻沸散と共通点があるのかどうかも分からない。

華岡青洲の今日的意味

現在ではほとんど消滅した華岡流医術

一世を風びした世界初の全身麻酔法は、なぜ消滅したのだろう。その第一の原因は、麻酔の導入に数時間を要するところにある。このため、緊急の手術や、野戦病院などでの要求に応えられなかった。さらに麻沸散では、浅い麻酔状態しか得られない。麻酔を早く効かせて、効果を自在に調節することが必要とされる時代の要求に応えることができなかったのである。このため、幕末から明治維新にかけて、青洲の麻酔法は急速に衰退していった。

一人ひとりに向き合う医療

青洲は弟子たちに、「自分の医術は心に浮かんだことに手が反応するもので、口で表現することも、文章に書いて表現することもできない、そんなものはカスのようなものである」と言い聞かせ、自らの著作は残さなかった。青洲が主張したかったのは、多様な患者の病気、病態に適切に対処するには、豊富な知識と卓越した技術で臨機応変に対処するしかない、という考え方だ。一人ひとりの患者に向き合う医療を主張する青洲の教えは、現代の医療に対しても大きな示唆を含んでいる。



関連サイト

Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.