次世代育成支援対策推進法 一般事業主 行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができる働きやすい環境整備と風土づくりに取り組み、ひとり一人が能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

1. 計画期間

令和4年4月1日~令和6年3月31日

2. 取り組み内容・目標

目標1

男性の育児休業取得率50%以上を維持する。

対策1:多様な働き方のための両立支援の推進

令和4年4月~
  • テレワーク普及後の、育児休業取得に関するアンケートを実施し、取得する上での課題を抽出し、改善策を図る。
  • 育児・介護との両立を支援する制度やキャリアリターン制度を周知する。
  • 管理職向けに、多様な働き方のマネジメントスキル向上のための施策を実施する。

対策2:ワークライフバランス、多様性を認め合う風土づくり

令和4年4月~
  • 全社員を対象とした、多様な人財の活躍に関するセミナーを実施する。
  • 多様性を認め合う風土づくりのための啓発活動を実施する。

目標2

育児休業を取得した全社員が、育児休業後に復帰しやすく、自身のキャリア形成をサポートする体制を2023年度末までに構築する。

対策

令和4年4月~ 育児休業中の社員とその上司を対象とした育休復帰支援セミナーを事業所ごとに継続して開催する。
~令和6年3月31日 育児休業中の社員に対し、希望者には、早期復帰を支援するコミュニケーションツールの提供を行う。
~令和6年3月31日 育児休業中・休業後の社員に対し、自身のキャリア形成をサポート出来る相談体制を構築する。

以 上

T
O
P