女性活躍推進法 一般事業主 行動計画

テルモは、多様な人財の活躍がこれからの成長のエンジンであると考え、女性活躍推進をはじめとするDE&Iの推進を継続し、異なる価値観から生まれる様々な発想・知恵の混ざり合いを促進することで、新しい価値を創造する企業を目指します。

そして、女性がさらに活躍できる制度の整備と風土づくりを全社的に推進し、意思決定の場に参画する女性を増やすため、次のように行動計画を策定します。

1. 計画期間

令和4年4月1日~令和6年3月31日

2. 当社の課題

(1)管理職に占める女性比率が高くない。
(2)多様な働き方や両立支援制度に関する理解度や利用度にバラつきがある。

3. 目標、取り組み内容と実施時期

目標1

管理職(課長相当職以上)に占める女性比率10%を目指す。

取り組み:女性リーダーの計画的な育成

令和4年4月~ 女性管理職候補者育成に関するタレントレビュー会議を行う。
女性リーダーの育成責任を持つ管理職の評価に、女性管理職候補者育成を項目化

継続施策

  • 外部研修機関の女性リーダー向けプログラムに計画的に派遣し、女性リーダー・経営層予備軍を育成する。
  • キャリアを考える研修を実施する。
  • キャリアなど女性活躍に関する、テーマを挙げて女性社員の座談会を年数回実施する事で、女性ネットワークを構築する。

目標2

男性の育児休業取得率を50%以上維持する。

取り組み1:多様な働き方のための両立支援の推進

令和4年4月~ テレワーク普及後の、育児休業取得に関するアンケートを実施し、取得する上での課題を抽出し、改善策を図る。

継続施策

  • 育児・介護との両立を支援する制度やキャリアリターン制度を周知する。
  • 管理職向けに、多様な働き方のマネジメントスキル向上のための施策を実施する。

取り組み2:ワークライフバランス、多様性を認め合う風土づくり

継続施策

  • 全社員を対象とした、多様な人財の活躍に関するセミナーを実施する。
  • 多様性を認め合う風土づくりのための啓発活動を実施する。

以 上

T
O
P