テルモ、Glooko社とインスリンポンプの新たなデータ共有ソリューションを開発 来院せずに糖尿病治療データをタイムリーに共有し治療の最適化へ

2022年3月30日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、糖尿病などの慢性疾患のデータ管理や遠隔モニタリング用ソフトウェアとモバイルアプリを提供しているGlooko社(本社:米国、カリフォルニア州)と、新たに患者さん向けソリューションに関する技術開発を進めます。両社の技術を連携させることで、テルモのパッチ式インスリンポンプ「メディセーフウィズ」を使用している患者さんが、自身でメディセーフウィズに蓄積されている投与履歴などのデータをGlookoのプラットフォームに共有できるようになります。プラットフォーム上でインスリン投与や食事などの活動履歴を一元管理・可視化することで、患者さん一人ひとりにとって最適な治療を支援してまいります。

 テルモは、202011月にメディセーフウィズのCEマーク認証を取得し欧州での展開を進めており、その中で昨年3月にGlookoとの提携を発表しました。これまでは、欧州を中心にGlookoのプラットフォームを導入している医療機関で、メディセーフウィズやテルモの血糖測定器から院内専用のリーダーを用いてデータを取り込むことができました。しかしながら、データ共有には患者さんがメディセーフウィズを持って病院に訪問する必要があるという課題がありました。

 このたび、20225月から欧州*1において、メディセーフウィズを使用している患者さん自身が自宅からNFC*2リーダーを用いて簡単にデータを共有できるようになります。これにより、患者さんが病院を訪問することなく、医療従事者は遠隔で患者さんの最新の状態をより頻繁に確認することができるようになります。さらに、2022年の後半には、NFC対応のスマートフォンにメディセーフウィズをかざすだけで直接データ通信を行えるようになる予定です。現在、パッチ式インスリンポンプからNFCを用いてスマートフォンアプリ「Glooko Mobile App」に接続する方法は存在しておらず、世界初のソリューションとなります。

 これらのソリューションによって、患者さんがより簡単に、よりタイムリーに、いつでもどこでも医療従事者とデータ共有をできることを目指します。

 テルモはこれからも、「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、患者さんのQOL向上と医療システムの進化に取り組んでまいります。

  • 20220330-1.jpg

    メディセーフウィズ装着イメージ

  • 20220330-2.png

    メディセーフウィズ

  • 20220330-3.png

    NFCリーダーを用いたパソコンアプリへの共有

  • 20220330-4.png

    メディセーフウィズからスマートフォンアプリへの共有

  • *1

    現時点では、日本での展開は予定していません。

  • *2

    NFCは、非接触通信の国際規格Near Field Communicationの略称です。

Glookoについて

 Glookoは、糖尿病などの慢性疾患を抱える患者さんと医療従事者をデジタル技術でつなぐことで、遠隔診療でのコラボレーション推進、臨床研究の質や治療成績の向上を目指しています。Glookoが提供しているプラットフォームでは、血糖値やインスリン投与量など、糖尿病治療に関連する複数のデータを一元管理でき、あらゆるデータを見やすい図表で可視化させることで患者さんの治療を支援しています。現在、プラットフォームは世界95%以上の糖尿病関連デバイスとの連携を持ち、31か国22言語で展開、300万人以上のユーザーを有しています。

テルモの糖尿病領域への取り組み

テルモは、糖尿病領域において、1982年から約40年にわたり様々な製品を提供し続けてきました。独特な形状を持つ血糖測定器や、世界一細いインスリン用注射針、日本初のパッチ式インスリンポンプなどの幅広い製品群を展開しています。

世界中の糖尿病患者さんがさらに「自分らしい生活」を送れるように、これからも技術の進歩に取り組んでまいります。

(ご参考)テルモ糖尿病ケアサイト: https://mds.terumo.co.jp/ 

テルモ概要

テルモは、「医療を通じて社会に貢献する」という理念を掲げ、100年の歴史を持つ、日本発の医療機器メーカーです。世界160以上の国と地域で事業を展開し、25,000人以上のアソシエイト(社員)が革新的なソリューションを届けるために日々働いています。

国産体温計の製造に始まり、設立以来、医療の基盤を支え続けてきました。現在は、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを提供しています。

テルモは、患者さんや医療従事者をはじめ、広く社会にとって価値ある企業を目指します。

プレスリリースは、当社情報をステークホルダーの皆様へ公平かつ適切なタイミングでお知らせするためのものです。文中に含まれる製品情報(開発中のものを含む)は、顧客誘引や医学的アドバイスを目的とするものではありません。
また、業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。さまざまな要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P